従う価値のあるモンスーンに必要な7つの健康上のヒントと注意事項

モンスーンは、暑い夏の暑さからの歓迎すべきバリエーションですが、非常に歓迎されないゲストを連れてきます。ええ、あなたは私たちが一般的に心地よい雨に伴う面倒と健康上の問題について話しているのは正しいと思いました。これらの7つの実行可能なヒントと注意事項に従って、これらすべての問題を回避してください。

私たちは以前にこれを聞いたことがあります。モンスーンで健康で幸せを保つために、雨の時期には予防策を講じる必要があります。そして、私たちは水が溜まった場所から離れたり、小道の食べ物を食べたりすることだけを話しているのではありません。天気をさらに楽しくすることができる雨季の全体的な健康のヒントについて話します。

モンスーンのための7つの重要な予防のヒント:

1.健康的な食事に従ってください。

これは、体、特に消化器系が最も感染しやすい季節です。
梅雨の病気は主に水を媒介とするので、ろ過または沸騰した水だけを飲むようにしてください。
雨季には健康的な食事を維持することも重要です。つまり、お気に入りのチャート、ジュース、ゴラ、クルフィ、その他の屋台の食べ物はメニューから外れます。
生野菜やサラダは、徹底的に洗ってきれいにできる家庭で消費されない限り、避けてください。

 

2.活動レベルに関係なく、十分な水を飲みます。

炭酸、カフェイン、アルコールの飲み物や飲み物で水分摂取量を補わないでください。防腐剤や糖分が利尿剤として機能します。
抗菌性のあるハーブティーは良い考えです。

 

3.雨の中を歩くことは避けてください。

魅力的ですが、雨水の中を歩くと、レプトスピラ症などの多くのウイルス性疾患にかかりやすくなり、足や爪に多数の真菌感染症を引き起こす可能性があります。
また、足が濡れた場合は、すぐに乾かし、濡れた靴下や靴にとどまらないでください。
地面にはあらゆる種類の細菌が蔓延しているため、糖尿病患者は特に注意を払い、裸足で歩くことは避けなければなりません。
衣服が濡れた場合は、AC環境に座ったり、すぐに着替えたりしないでください。
余分な服や靴をオフィスに置いておくことをお勧めします。

 

4.屋内の湿気を避けてください。

湿った壁は真菌の増殖の本拠地であり、喘息やその他の呼吸の問題に苦しんでいる場合は絶対にノーノーです。

5.蚊よけ剤なしで家を出ないでください。

溜まった水は昆虫の繁殖地であり、モンスーンはマラリアのパーティータイムです。
常に蚊よけ剤を着用または携帯してください。
過度に用心深いと、抗マラリア薬を服用することができます。

 

6。1日2回入浴します。

夕方に家に着くとすぐにシャワーを浴びることで、湿気による汗や汚れの蓄積による感染症から身を守ることができます。
あなたの免疫力を高めるためにビタミンCを服用してください。

 

7.目に触れないでください。

結膜炎、麦粒腫、ドライアイ、角膜潰瘍などの眼の感染症は、モンスーンの時期によく見られます。
無視すると失明につながる可能性があります。特に汚れた手で目に触れないでください。テレビやコンピューターなど、画面の前で長時間過ごす人も、赤み、かゆみ、刺激を感じることがあります。
すぐに医師に相談してください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です